【事例紹介】オンラインカジノで逮捕者!?実際は合法なの?違法なの?事例を元に解説します

オンライン カジノ 合法

違法じゃないか心配なんですよね。
結論はサイトによって別れます。
ベラジョンやミスティーノといったメジャーなサイトは基本合法的に運営されています。

分かれ道は、ライセンスと運営国、そして実際はどうかという所です。
ライセンスがなく、運営国もしっかりしていないのはそもそも論外な違法です。

では何故合法なのか?
それはオンラインカジノが日本の法律に適応されないからなんです。
日本でマリファナを吸うのは違法です。でもオランダでマリファナを吸うのは?そう、合法です。

日本でリアルマネーを使ってカジノや賭博をするのは違法です。ではラスベガスで法律にそった運営をされているカジノで遊ぶのは?そう、合法です。

インターネットは世界中と繋がっています。インターネットは自宅に居ながら、外国のサービスを受ける事が可能なのです。

ですので、外国で法律にそって運営されているカジノサイトで遊ぶのは、合法なのが現在の法律の現状なのです。

合法サイト、違法サイトを見極めよう

私がオススメで紹介しているサイトは、ライセンスを取得している合法のカジノサイトです。

 

「違法じゃないか心配」
「安心して遊びたい」
「逮捕者がいるって聞いたことがある」
「なぜ合法かわからない」
「違法サイトと合法サイトの違いを知りたい」

モヤモヤした気持ちで、心配しながら遊ぶのは嫌ですよね。どうせ遊ぶならスッキリして、楽しんで安心して遊びたいものです。

目次

逮捕者がでた!?代表的な2つの事例をご紹介

「オンラインカジノは違法なの?」
「逮捕者も出たって聞いたこともあるけど」

いったいどの話がホントなのでしょうか?

実際の事例をご紹介します。
事例を見れば安心してオンラインカジノを楽しめると思います。

1.逮捕から不起訴!この事例でオンラインカジノは合法に

スマートライブカジノプレイヤー逮捕事件
2016年に、日本国内から海外のオンラインカジノで賭けをしたとして、プレイヤー3名が逮捕されるという有名な事件が起きました。

これまで胴元が摘発されるケースはあったものの、プレイヤーが逮捕されるというケースは初めての出来事です。

捜査関係者の説明では、3人は2月、各自宅などで、海外にサーバーがある賭博サイト「スマートライブカジノ」にそれぞれ接続し、「ブラックジャック」で賭博をした疑いがあるという。同サイトのホームページによると、登録制で、「ブラックジャック」や「ルーレット」などで金を賭け、クレジット決済などで払い戻しができる仕組み。日本語版ページでは、日本人の女性ディーラーが登場し、チャットで会話しながらゲームができるという。
出典:京都新聞 2016年3月10日

逮捕された3名のうち2名は、略式起訴(罰金刑)を受け入れて、罰金を支払って終わりました。
そのうちの1名が刑を受け入れず、裁判で争うことに。
裁判で争った結果、2017年1月に『不起訴』を勝ち取ったのです。
この不起訴を勝ち取った事例により、オンラインカジノは実質合法になったのです。

弁護を担当した弁護士の先生のブログです。その裁判についての記事も書かれています。
麻雀プロ弁護士津田岳宏のブログ

略式起訴で罰金を払った2名は、もったいない事をしましたよね。

2.運営者が逮捕!実際の運営は日本でおこなわれていた

ドリームカジノ事件
2016年6月にドリームカジノの運営者が逮捕されました。
ドリームカジノはサイト上では、オランダ領キュラソー島の会社と表記されていましたが、実際の運営は大阪でおこなわれていました。

インターネットのオンラインカジノサイトを運営し客と賭博したとして、京都府警は10日、常習賭博容疑で、大阪市中央区本町橋の会社役員、坂本拓也容疑者(39)ら実質運営者5人を逮捕したと発表した。逮捕容疑は、共謀し、大阪市天王寺区に事務所を設けオンラインカジノ「ドリームカジノ」を運営し、平成25年12月~今年3月、サイト上で複数回にわたり不特定多数の客を相手に、ポーカーの賭博をしたとしている。ドリームカジノは、カジノが合法なオランダ領キュラソー島で営業許可を受けているとサイト上に記載していたが、サポートは日本語のみで行われていたことなどから、府警は国内で運営されていると判断した。
出典:産経新聞 2016年6月10日

海外で正式に運営されているオンラインカジノでは合法ですが、国内で運営されているオンラインカジノは違法です。

プレイヤーの逮捕はなかったものの、指導や連絡はあったようです。プレイヤーも、海外のオンラインカジノだと思ってプレイをしていたので、かなり迷惑な話ですよね。

こういった事件に巻き込まれないように、正式に運営がおこなわれているオンラインカジノサイトを選ぶ事が大事なんですね。

オンラインカジノは合法

まず結論から言うと、オンラインカジノは合法です。それは過去にあった裁判事例からも証明されています。

では、どういう理由で合法なのか?どうして違法と思ってしまうのか?といったところ解説していきます。

日本の法律が、インターネット時代においつけなかった

オンラインカジノが合法という一番の理由は「日本の法律が時代に追いつけなかったから」でしょう。日本でお金を賭けるカジノは基本的に違法です。

でも日本人がラスベガスにのカジノへ行き、お金を賭けて遊ぶ事は合法ですよね。ラスベガスのランドカジノは、ラスベガスの法律に沿ってきちんと運営されているので、当然です。

インターネットは、場所の制限を壊しました。つまり、ラスベガスのカジノが日本に居ながら遊べるようになったのです。

ここで問題が出来たのです。
運営国では合法だが、プレイヤーは日本にいる日本人という事が。

日本の賭博法というのは、胴元もプレイヤーも罰するというのが基本です。

運営国の法律に沿ってきちんと運営されているオンラインカジノサイトは当然『合法』です。プレイヤーだけを『違法』にする事ができないのです。

プレイヤーを違法にするには、胴元のカジノサイトも違法にしなければならないのです。でもオンラインカジノは運営国の法律に沿って運営をされているので、当然違法にはなりません。

インターネットが、場所の制限を壊してしまったが為におこったことなのです。

この時代の変化に法律がまだ対応していない時に、オンラインカジノの合法、違法をめぐる裁判が行われました。結果は『無罪』です。

この事例が作られ、オンラインカジノは合法になりました。

 

カジノ=違法という先入観が、オンラインカジノ=違法 を作っている

オンラインカジノを違法だと思っている人は多いでしょう。それは「カジノ=違法」という先入観があるからなのです。

事実、先程説明したようにオンラインカジノは裁判で「無罪」という判決がでて、
「オンラインカジノ=合法」という事になったのです。

ただそんな事例をしっているのは国民のごく一部、オンカジプレイヤーだけです。
つまり「カジノ=違法」「オンラインカジノ=カジノ」つまり「オンラインカジノ=違法」になるわけです。

おそらく母親に「オンライカジノやってるよ」と言ったら、「家族から逮捕者がでる事は本当に辞めてほしい」と言われることでしょう。

日本にも近いうちにカジノリゾートができます。カジノが馴染んできた10年ぐらいたつと、そんな先入観がとれるでしょう。

 

もちろん違法なカジノサイトもある

日本でオンラインカジノが合法なのは、ライセンスを取得して、運営国の法律を守り、カジノサイト運営がしっかりされているからです。

ライセンスを取得していなかったり、法律を守っていないカジノサイトは、当然違法です。

現在オンラインカジノプレイヤーが逮捕されないのは、合法のカジノサイトでプレイしているからです。胴元が合法なのにプレイヤーだけが違法なのはおかしいというのが、今の日本の法律の解釈です。

ですので、違法のカジノサイトでプレイすると、そのプレイヤーも違法になります。

オンラインカジノで遊ぶ際は、合法のサイトが違法のサイトなのかを見極めて遊んで下さい。

ちなみに後で紹介する
・ミスティーノ
・ベラジョンカジノ
は、合法のオンラインカジノですので、安心してプレイできます。

オンラインカジノ側も味方に

この記事の逮捕事例でも紹介している、2016年に起きた『スマートライブカジノプレイヤー逮捕事件』の後、ジパングカジノがプレイヤーに対してメッセージを送りました。

メッセージの重要部分を抜粋したものを掲載しておきます。

他のオンラインカジノ様でのご遊戯にて逮捕者が出ている事についてでございますが、
公開されている情報を精査すると、特定方向への誘導も感じられる部分もあり、
また逮捕=有罪(推定有罪)が全面的に押し出されている感があるかと存じます。

また現行法にて、オンラインカジノとして明確に定められていないと思われる状況下では、
属人主義ではない賭博法の適用に疑問を感じるところであります。

この一連の件に総じて言えることでは有りますが、
報道の文章から見る限り、現在日本の刑法で制定されている賭博法の解釈に当てはめる事は難しく、
罪刑法定主義として禁じられている、類推解釈、拡大解釈の可能性があるかと考えております。

報道で出ているカジノが私どものブランドではない弊社として、今回行動を起こすことはできませんが、
今後、弊社ブランドでの遊戯にて登録者が逮捕され、それが弊社ブランドと共に公表されることがあれば、
貿易上の不公平を訴え、弊社保有ライセンス国を通じWTO(国際貿易機関)に問題提起することを考慮し、
また名誉毀損にて当該国裁判所に向けて提訴する事も吝かではありません。

<事件を受け、ジパングカジノがプレイヤーさん全員に配信したメールから抜粋>

ジパングカジノ側が言いたい事は
「今の日本の法律でジパングカジノのプレイヤーが有罪になることは無いよ。もしそんな事が起こったら、全力で守るから安心して遊んでね」
という事です。

この様な姿勢を示してくれるのは、プレイヤーにとって心強いですね。

日本の賭博法はこうなっている

日本の賭博法は、基本的には胴元を裁く為の法律です。
違法に営業されている「闇カジノ」や「違法賭博」などを取り締まる為ですね。

 

単純賭博
回数に関係なく、金銭を賭けた賭博行為を行なった時点で該当します。例えはじめて行った場合でも、客として違法賭博をおこなった場合は、単純賭博罪で逮捕される可能性があります。

賭博をした者は、五十万円以下の罰金又は科料に処する。ただし、一時の娯楽に供する物を賭けたにとどまるときは、この限りでない。

引用元:刑法第185条|e-Gov

 

常習賭博
その名の通り、常習的に賭博を行なっている人に該当します。常習的に行なっているという事から、単純賭博よりは重い罪になります。

常習として賭博をした者は、三年以下の懲役に処する
引用元:刑法第186条第1項|e-Gov

賭博開帳図利罪
胴元に課せられる罪です。賭博を行う場を開き、人を集めて利益を得ようとする人に該当します。

賭博場を開張し、又は博徒を結合して利益を図った者は、三月以上五年以下の懲役に処する。

引用元:刑法第186条第2項|e-Gov

 

賭博罪(賭博をする罪)と賭博開帳罪(賭博を提供する罪)では賭博開帳罪の方が遥かに罪が重い。

これはそもそも
法律が胴元側を裁くためにあるものであって、賭博した側はあくまで胴元を検挙するための付随的なものであるためと考えられる。

今回の件では、胴元側(オンラインカジノ)は合法的に運営されており検挙は難しい。

胴元側(オンラインカジノ)を裁くことができないのに、賭博した側(プレイヤー)を処罰するのは妥当ではない。

 

合法オンラインカジノの見極め方

現在、世界中に1000サイト以上、日本語対応しているサイトだけでも50サイト以上のオンラインカジノがあります。

合法的に運営されているものもあれば、中には悪徳業者が運営している違法サイトもあります。
そんな数あるサイトの中から、合法のサイトを見つける「合法サイトの見極め方」をご紹介していきます。

ライセンス、運営国をチェックしよう

 

合法サイトと、違法サイトの違い
・国内で運営されているか海外で運営されているか
・ライセンスを取得しているか

カジノサイト下部に、ライセンスが記載されている事がほとんどです。ライセンスが切れていないかクリックしよう

 

メジャーなカジノサイトかチェックしよう

マイナーが全て違法というわけではありませんが、リスクはあります。事例2で紹介した『ドリームカジノ事件』のような、事件に巻き込まれる可能性があります。

メジャーなオンラインカジノサイトの判別方法
・このサイトで紹介している
・ネットで「オンラインカジノ おすすめ」で、出てきた上位10サイトに複数紹介されている

合法のおすすめオンラインカジノ

世界にあるオンラインカジノサイトは1000を越えます。日本語に対応しているサイトだけでも50以上になります。

中には悪質な業者がオンラインカジノサイトを作って、違法で運営されているケースも多々あります。実際に摘発されたケースや、胴元がプレイヤーのお金を持って飛んだといったケースもあります。

そんな数あるオンラインカジノサイトの中で、ライセンスを取得し、法律に沿ってきちんと運営されている、合法のおすすめカジノサイトを2つ紹介します。

合法で運営されているカジノサイトの中でも、ボーナスがよかったり、サイトの使い勝手が良いという理由で、この2つを選びました。

カジノサイト選びで迷っている方は、是非このどちらかで遊んで見て下さい。

ミスティーノ

2020年に登場した、比較的新しいオンラインカジノ。オンラインカジノを広める活動にも精力的で、格闘家の魔娑斗やSKEの松井珠理奈といった芸能人とのコラボレーションもして、注目を浴びています。

業界では異例の「ボーナスの出金条件1倍」といった激甘の出金条件も魅力の一つですね。

ベラジョンカジノ

日本人登録者数NO.1のオンラインカジノサイトです。初心者でも使いやすいサイト設計や、日本人語でのサポート対応も充実しており、安心して遊びやすいカジノサイトです。みんなに選ばれているオンラインカジノだけの事はあります。

国内銀行を使った入出金にも対応しているので、電子決済サービスを利用していない人でも気軽にはじめることができます。

まとめ

オンラインカジノが合法なのが分かって頂けたでしょうか。日本の法律が、ネット社会の現代に追いついていないのが根本の土台にありました。その法律の上に、裁判で不起訴になり「オンラインカジノは違法ではない」という証明が出来上がったのです。

つまり正しく運営されているオンラインカジノは合法なのです。ライセンスを取得して、運営国の法律に沿って運営されているカジノサイトで、安心して楽しく遊んで下さい。

中には悪徳業者が運営しているオンラインカジノもあるので、あまりマイナーなサイトには注意して下さいね。

楽しく遊んで、ガッポリ稼ぎましょう!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる